一度は退学を考えたけど大学に通い続ける理由

最近は,Twitterで「大学やめました!」という投稿を見ることが多くなりました.

かくいうぼくもITベンチャーのインターンに参加して,退学を真剣に考えていた若者のひとり.

しかし時間をかけて悩んだ結果,退学しなくてもいいという結論に至りました.

今日は,その理由について書きます.

SPONSORED LINK

退学したかったのは,はたらくのが楽しかったから

大学2年生の春休み.

Webエンジニアを目指していたぼくは,とあるITベンチャーのインターンに参加しました.

最初はわからないことだらけで苦しいと思ったこともありましたが,最近はほぼ社員のように扱ってくれています.

このインターンは,「仕事=辛い」というイメージを根底からくつがえしてくれました.社員全員が本当に楽しそうにはたらていて,言い方は悪いかもしれませんが,まるで学校の延長といった感じ.

初めて「仕事が楽しい」と感じました.

学生のメリットも捨てられなかった

今すぐ就職するとなると,ひとつ問題がありました.それは,

学生であることのメリットを捨てなければいけない

ということです.

就職したい気持ちは強かったんですが,学生でなければできないこともたくさんあります.

今のように,インターンに参加していろんな会社ではたらけるのって,学生だからなんですよね.社会人になったら「お試しではたらいてみようかな」なんてことはできなくなります.

それに,学生は社会的な地位も守られています.「ちょっと違うな」と思って会社を辞めても職業は「学生」のまま.こんな待遇を受けられるのは大きなメリットです.

SPONSORED LINK

ちょっと長めの充電期間

「今すぐ会社に就職したい」と「まだ学生でいたい」がせめぎ合っていたこの半年間.

悩みに悩んだぼくが出した結論は,「卒業してから就職しても遅くない」でした.

あと1年ちょっとの学生生活を利用していろんな会社ではたらいて,自分のフィルターを作っていこうと思います.

この選択が正しかったかどうかはわかりませんが,卒業してからこの記事を振り返ったときに「この選択は正しかったな」と思えるように,残りの学生生活を精一杯進んでいきます.


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です