腹痛・便秘から解放されるために心がけたことを3つ紹介します。

「よく腹痛に襲われる…」

「また便秘だ…もうやだ」

腸疲労」という言葉が生まれるほど飲み会や外食が多い現代人には,そんな悩みを抱える人も多いと思います.

でもその悩み,日々の食生活を改善すれば直せるかもしれません.

この記事では,食生活に気をつけるだけで腹痛と便秘を解消した「3つの心がけ」をご紹介します.

SPONSORED LINK

腹痛・便秘から解放されるために心がけたこと

ぼくは,次の3つのことを心がけたことによって,腹痛と便秘から解放されました.

  • 食物繊維を積極的に摂取する
  • よく噛んで食べる
  • 食べ過ぎない

1つずつ見ていきましょう.

食物繊維を積極的に摂取する

食物繊維が便秘に一番効くのは,よく知られている事実です.

しかし,現代人の多くは食物繊維不足.

どれくらい不足しているかというと,1日の摂取量の目安が男性は20g・女性は18gなのに,実際は11~13g.これじゃ便秘になりますよね.

参考:食品に含まれる食物繊維量一覧|大塚製薬

食物繊維の摂り方はいろいろあります。

自然の食物から摂るのがいちばんですが、無理に野菜を食べなくないなら、粉末を買ってきてもいいと思います。全然悪いことじゃないですから。

よく噛んで食べる

健康的な食生活には,よく噛んで食べることが欠かせません.いくら健康的な献立でも,食べ方が悪ければ意味がないんです.

食べるものはそのままでいいので,いつもより少し多めに噛むことを心がけてみてください.

それだけで,消化器官の負担は減っていきます.

食べ過ぎない

満腹感を感じたら,それは食べ過ぎの証拠.人間はお腹が空いている状態が基本なので,「ちょっと足りないな」と思うくらいがベストです.

さらに,お腹が空いていないときは食べないでおくのが賢明です.

お腹が空いていないということは「まだ食べてはいけないよ」というサインなので、ぼくもここ最近はみんながお昼を食べていても無理に合わせないようにしています。

昼ごはんだって,絶対に食べないといけないわけではありませんよ.

まとめ

最後にもう一度まとめると,

  • 食物繊維を積極的に摂取する
  • よく噛んで食べる
  • 食べ過ぎない

以上のことを心がけていれば,徐々に腹痛と便秘から解放されていきます.

ただ,あくまでぼくの場合なので,もしかしたら,効果は人それぞれかもしれません.そのときは,自分にあった方法をいろいろ模索してみてください.

おまけ

ぼくがこの心がけを始めるきっかけになったのは『最高の体調』という本です.

ぼくは,この本を読んで「自分ん身体は自分でチューニングしよう」と思えるようになりました.おすすめなので,ぜひ.


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です