読書が苦手な人がしている2つの勘違い

f:id:sera1098:20180225164310j:plain:w631

こんにちは,あいすです.

読書が苦手…

本を読んでいてもあまり楽しくない…

そんな方へ,読書が苦手な人がしている2つの勘違いをシェアします!(今回は実用書を対象にしています)

勘違い1:全部読まないといけない

本には,タイトルに関係する内容がきれいにまとめられていますね.

だからなのか,一度本を読み始めたら全部読まないといけないと感じている人がいるようです.

でも,実は全然そんなことはありません.

自分の読みたいところだけを読めばいいんです.

「え,そんなもんなの?」と感じる方も多いかと思いますが,実際そんなもんです.

この本は向いてないなぁと思えば,その時点で読むのをやめてOKです.そんなもんです.

勘違い2:内容を全部理解しないといけない

「全部読まないといけない」と似ていますが,内容についても全部理解しなければ意味がないと思っている人がいます.

そして,これについても答えはNoです.

もちろん,全部理解できれば本望ですがなかなか難しいです.

ぼくは,1冊の本から印象的な部分を何箇所か抜き出せればそれでいいと思っています.

たとえば,『エッセンシャル思考』からは

  • 何でもやろうとするから,全部が中途半端になる
  • 絶対にYesと言えないなら,それはNoだ

の2箇所を抜き出しました.

正直,他の部分はあまり覚えていません笑

でも,それでいいんです.

その2箇所をしっかり自分の糧にすれば,読んだ意味があったと思っています.

最後に

今回は,読書が苦手な人がしている2つの勘違いについてお話しました.

2つの勘違いは,

  • 全部読まないといけない
  • 内容を全部理解しないといけない

の2つでした!

読書はもっと気楽にいきましょう.

スマホでブログを読んでる感じでいいと思いますよ!

それではまた!