[Rails] developmentでも404ページを表示させたい

development環境では,意図的に NOT FOUND を発生させても404ページに遷移してくれません.

デザインを見るだけなら困りませんが,どんなときに表示されるのかを確認したいときもありますよね.

今回は,それを解決する方法を紹介します.

SPONSORED LINK

configの設定を変える

config/environments 配下のファイルには config.consider_all_requests_local という項目があって,すべてのエラーをブラウザに表示するかどうかを設定することができます.

そして,productionとdevelopmentで404の表示が違うのは,その設定がproductionでは false , developmentでは true になっていることが原因です.

ということで, development.rbconfig.consider_all_requests_localfalse にすれば解決します.

- config.consider_all_requests_local = true
+ config.consider_all_requests_local = false

再起動を忘れずに

config関連のファイルを変更したときは,サーバを再起動する必要があることをお忘れなく.


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です