[Rails] Deviseのインストール

SPONSORED LINK

1. Deviseをbundle install

$ vi Gemfile
gem 'devise' を追記
$ bundle
$ bundle exec rails g devise:install
      create  config/initializers/devise.rb
      create  config/locales/devise.en.yml
===============================================================================

Some setup you must do manually if you haven't yet:

  1. Ensure you have defined default url options in your environments files. Here
     is an example of default_url_options appropriate for a development environment
     in config/environments/development.rb:

       config.action_mailer.default_url_options = { host: 'localhost', port: 3000 }

     In production, :host should be set to the actual host of your application.

  2. Ensure you have defined root_url to *something* in your config/routes.rb.
     For example:

       root to: "home#index"

  3. Ensure you have flash messages in app/views/layouts/application.html.erb.
     For example:

       <p class="notice"><%= notice %></p>
       <p class="alert"><%= alert %></p>

  4. You can copy Devise views (for customization) to your app by running:

       rails g devise:views

===============================================================================

2. development.rbにdefault_urlを追加する

config/emvironments/development.rb

# Set default url for mail
config.action_mailer.default_url_options = { host: 'localhost', port: 3000 }

SPONSORED LINK

3. root_urlを設定する

http://localhost:3000にアクセスしたときのルーティングを追加する.

routes.rbにrootがあればOK.なければ追加する.

Rails.application.routes.draw do
  root 'home#index'
  get 'home/new'

なんでルートURLを追加する必要があるの?

Deviseの処理の中でルートURLに遷移する場合があるからです.

たとえば,会員登録が終わったあととか.

4. flashメッセージを追加する

Deviseでは「ログインしました」などのメッセージをデフォルトで表示してくれるので,それを表示する場所を書いておく.

今回は,bodyの直下に追加した.

SPONSORED LINK

5. カスタマイズ用のViewを表示する

デフォルトではログイン画面とかパスワード変更画面はファイルとして表示されていないのだけど,意図的に表示すればカスタマイズできるようになる.

$ bundle exec rails g devise:views

このコマンドを打つと,DeviseのデフォルトのViewがファイルとして表示されて,編集できるようになる.


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です