[備忘録] CoffeeScript

SPONSORED LINK

CoffeeScriptとは

簡単に言うとJavaScriptをRubyライクに記述できる言語だと思います。

参考:Railsドキュメント

公式の言うとおり,CoffeeScriptはJavaScriptを生成するためのプログラミング言語で,パフォーマンスを下げることなく,より簡単なコードにできるそう (行数が1/3になる).

JavaScriptと違うところ

・ブロックをインデントで表現する

・かっこを省略できる

・行末のセミコロンがいらない

・変数の var がいらない

見た目がスッキリしたコードになりますね.

SPONSORED LINK

PythonやRubyに似ている

CoffeeScriptの第一印象は,「Pythonじゃん」でした.

for文とかもろPythonです.公式が「PythonやRubyに影響を受けた」と言っているだけのことはありますね.

JavaScriptとどちらを使うべきか

CoffeeScriptを勉強したとしても,結局成果物として現れるのはJavaScript.「わざわざCoffeeScriptを覚える必要なんてないんじゃない?」と思うかもしれません.

でも,実は違うんですね.

CoffeeScriptを書くことでタイプ量を減少させ、書いたコードの見通しをよくし、書き手によるコードの差異を大きく減らすことができます。

参考;CodeGrid

引用にもあるように,CoffeeScriptを使うことによってJavaScriptのコードが洗練されます.

SPONSORED LINK

インストール方法

node.jsがインストールされていることが前提です.

$ sudo npm --global install coffeescript

これで完了です.

使い方

適当なCoffeeScript (拡張子はcoffee) を作ります.

$ coffee --compile test.coffee

これで,同じディレクトリにtest.jsが生成されます.

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です