Macbookを少しでも安く。Early 2015モデルの選び方を図解します

Macbookがほしいけど高すぎる!って思ってる人,多いと思います.

実際Appleのサイトを見ると,安くても14万円は下りません.これじゃあ,なかなか買えないですよね.

そんなときは,型落ちモデルがおすすめ.実は,Macbookって型落ちでも十分使えるんです.

できるだけ安くMacbookを使うために,参考にしていただけるとうれしいです.

SPONSORED LINK

システム開発会社で働いてます

Macbookの話に入る前に,少しだけぼくのMac歴を.

昨年度からシステム開発会社で働き始めたのをきっかけにMacbookを使い始めました.

情報系の大学に通っていたので学生の頃からPCには詳しかったんですが,Macbookを使い始めたのはつい1年前です.

型落ちでも大丈夫です

では,本題に入ります.

まずは,型落ちでも大丈夫だよというお話です.

Appleのサイトにいくと最新型のMacbookしか出てこないんですが,どんなに安くても14万円を下ることはないんですね.それを見て「あぁ高いからやめよう」と思うのは早いです.

Windows PCでは型落ちだと使い物にならないことが多いですが,Macbookは違います.

実際,ぼくが働いているシステム開発会社では,2015年モデルがバリバリ使われています.つまり,4年前のモデルをプロが使っているんです.

単純に買い換えるお金がないというのもありますが,それ以前にサクサク動いてくれるので買い換える必要がないんですよね.Macbookすごい!

SPONSORED LINK

ProとAirを比較してみます

2015年モデルを買ってもいいな!と思ってきたところで,次は,Macbookのモデルを紹介します.

2015年モデルには,3種類あります.

  • Macbook Pro
  • Macbook Air
  • Macbook

この記事では,このうちProとAirを比較します.

まず,それぞれのコンセプトはこんな感じ.

Airは,本体の軽さや価格の安さを重視したコンパクトなモデル,そしてProは,本体の重さや価格の高さを犠牲にしながらも高性能に仕上げたプロ仕様のモデルです.

画面サイズ・重さ・解像度・端子・性能・価格の6つの視点から比較してみると,次のようになります.

ここからは,それぞれの比較項目について詳しく見ていきます.

重さ

まず重さですが,Airのほうが200gほど軽いです.

でも,この差は手で持たないとわからないと思います.リュックに入れたら正直どちらでも良いといった感じ.

軽いというだけでAirを選ぶのは,安直かなと思います.

解像度

解像度とは,どれだけ高精細な画像を表示できるかを示した値で,数値が大きいほど高精細な画像を表示できることになります.

Proのほうが解像度が高いのは,ProにだけRetinaディスプレイという高精細なディスプレイが使われているからです.

Retinaディスプレイの詳しい説明は省きますが,最近のMacbookやiPhoneにはすべてRetinaディスプレイが使われています.

どれくらい違うかを説明するのは難しいんですが,ぼくの体感では,Retinaディスプレイで作業した後に昔のディスプレイを使うと文字の輪郭が少しぼやけて見えますね.

普通に作業する分には解像度が低くても問題はないんですが,できれば今の画面に近いほうがいいと思います.

端子

Proのほうが多いです.

たくさん端子がほしい場合は,Pro一択ですね.

特に,HDMIが付いているのは大きなポイントだと思います.

性能

これは,もちろんProのほうが高いです.

ただ,Airでプログラミングをしていても不便を感じたことはないので,よっぽど重たい処理をしない限り,Proほどの性能は必要ないと思います.

Airで十分です.

価格

これは,性能が高いだけあってProのほうが高いです.

中古でも,Airに比べて数万円高い場合が多いですね.

番外編|もっと比較してみます

もう少しポイントを増やして比較してみます.

大きさ

意外だったんですが,本体の大きさはProのほうが小さいんですね (厚みはありますが).

Proのほうがケースにスッと入ります.

キーボード

キーボード自体には違いはないんですが,Proは本体の角が立っているので,タイピングしていて痛いです.Airは端にいくほど薄くなっていくので,痛くありません.

長い時間タイピングしていると我慢できなくなってくるので,いつもタオルを挟むことにしています.

人によると思いますが,少し気をつけたいポイントです.

タッチパッド

実は,タッチパッドにも違いがあります.

それは,押した感触です.

Airは力を入れて押さないといけないんですが,Proは軽い力でクリックできます.

例えるなら,古いiPhoneのホームボタンと新しいiPhoneのホームボタンくらいの違いがあります.

バッテリー

Proのほうが容量は多いんですが,使える時間はAirのほうが長いという不思議な感じになっています.

それだけProの性能が高いということなんだと思います.

ただ,これはあくまでも新品の場合です.Proの新品とAirの中古では,Proのほうが充電持ちがいいので,なんとも言えません.

SPONSORED LINK

結局、どっちがいいの?

いろいろな面から比較しましたが,まとめると,

  • お金を出してでも高性能なMacbookがほしい━Pro
  • なるべく安くMacbookを使ってみたい━Air

ということになります.

この記事のコンセプトは「Macbookを少しでも安く」なので,「Macbook Airがおすすめ」という結論になります.

最後に

Macbookを使ってみたいなら2015年モデルでも大丈夫だな!と思っていただけたでしょうか?また新たに気づいたことがあれば,随時追記していきます.

少しでも安くMacbookを手に入れて,快適なMacbookライフをお送りください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です