腹八分目は「からだ」にも「こころ」にもいい影響を与える

f:id:sera1098:20180519102625j:plain:w700

「現代人は食べすぎている」

そんな話を聞いたことがあるでしょうか?

現代では,生活習慣病やアレルギーがかなり増えましたが,実は,1日に3回食べるようになったことと関係があるんです.

それを裏付けるように,さまざまな分野のプロフェッショナルは「少食」を実践しています.

人間は1日1食で十分

1日1食をやっている有名人はとても多いです.
タモリさん,ビートたけしさん,福山雅治さん,水谷豊さん,ピンクレディーのmieさん,片岡鶴太郎さん,ジャパネットたかた社長など.
出典:1.6倍長生きに!最強の健康法「1日1食」をやってみた感想とその効果。

例に挙げた「1日1食」はかなり極端ですが,ぼくが言いたいのは「食べ過ぎは体に大きな負担をかける」ということです.

1日1食は無理でも,せめて「腹八分目」は実践した方がいいと思っています.

その理由は次の2つ.

1. もともと人間は1日に3回も食べていなかった

歴史をたどってみても江戸時代までは1日2食,1日に3回食べるようになったのはつい最近のこと.
本来人間は「飢餓に強く,飽食に弱い」生き物なんです.
出典:1.6倍長生きに!最強の健康法「1日1食」をやってみた感想とその効果。

「1日3食はフルマラソンと同じ」と言われるほど,消化に使うエネルギーは大きいそう.確かに,お腹いっぱい食べた後は体に気だるさを感じます.頭もまったく働きませんよね.

現にアスリートでもない限り,だいたいの大人は食べ過ぎです.ダイエットする必要がない人でも,腹八分目を実践する価値はあります.もしかしたら,「毎日気だるい」「集中できない」のような症状は食べ過ぎが原因かもしれません.

2. 空腹は腸や内臓を休ませるために必要

食べる量を抑えると,空腹になる時間も長くなります.それってどうなの?と感じるかもしれませんが,実は空腹は腸や内臓を休ませることができるので,とてもいい状態なんです.

”肌は内臓の鏡”という言葉があるように,ニキビや湿疹ができるのも食べ過ぎによって腸や内臓が破れてしまうから.
出典:1.6倍長生きに!最強の健康法「1日1食」をやってみた感想とその効果。

ず〜っと腸や内臓を動かし続けていれば,腸や内臓が異常をきたしてしまうのは当たり前.

「小腹が空いたからお菓子を食べる」というのは体を痛めつけているに等しいとも言えます.

この事実を知ってから,空腹の時間を心地よく感じるようになりました.

「腹八分目」が与えるいい影響は精神面にも

ここまでは「体」について腹八分目のメリットを引用しながら紹介しましたが,実は「心」にも大きな影響を与えます.

ここからはぼくが実際に「腹八分目」を実践してわかった2つのことを紹介します.

自分の欲をコントロールできるようになる

おいしい料理が目の前にあると,ついつい食べすぎてしまうのが人間の性.特にバイキングや食べ放題では,限界まで食べるのが当たり前!という人も.

それをイベントとして楽しみながらやっているなら良いと思うんです.それよりも問題なのは,普段の生活で食べすぎてしまうこと.

あなたは「あと1個」「あと一口」を我慢しろと言われて我慢できますか?

もし我慢できないのであれば,自分の食欲をコントロールできていないと言えます.

しかもこれは食欲に限らず物欲や睡眠欲でも同じです.実際に食欲をコントロールできない人は,自分の欲をコントロールできない傾向があるのではないでしょうか.

しかし逆に言うと,食欲をコントロールできるようになれば,その他の欲をコントロールできるようになるんです.

腹八分目を実践する前のぼくは,セール品に弱くて「今日だけ半額!」と言われるとつい手が伸びてしまっていましたが,今のぼくはセール品に惑わされなくなりました (まだ睡眠欲には勝てていません笑).

「あっ今セール品に惑わされている!」と自分を客観的に観察できるようになったのも嬉しいメリットです.

自分の必要量がわかるようになる

腹八分目を実践して一番良かったなぁと感じたことは「満腹に食べなくていいんだ」ということでした.

身の回りには「入るだけ入れる」という場面が多くある気がします.

ガソリンはギリギリまで入れるし,詰め放題とかもはみ出るほど入れますよね.

なんだか人間には,限界まで入れたくなる性質があるようです.

食べるものがあると「入るから」と食べてしまうことが多いのもそのせいかもしれません.

そんな考え方はを続けていると,腸や内臓に負担をかけてしまうのは明らかです.

腹八分目にしてもまったく影響が出なかったことから「腹八分目でも十分なんだ」ということと知ることができました.

腹八分目は欲をコントロールする練習に最適

  • 1日3食は腸と内臓に負担をかける
  • 空腹は腸と内臓を休ませる時間になる
  • 自分の欲をコントロールできるようになる
  • 自分の必要量がわかる

食事の量を少し減らすだけでもこれだけの効果があります.

最初は「あと1個」「あと一口」を我慢することから.そしてだんだん自分の腹八分目まで減らしていく.

最初は「1個」や「一口」でさえきついと思います.でも,繰り返し我慢することで何とも思わなくなりました.何事も継続が大切ですね.

「もう少し寝たい…」

「これ欲しい…」

そんな欲望を抑えられずに困っているなら,まずは食欲をコントロールすることから始めてみては?

この記事の元となった本

食欲を抑えるのはきついです…でもそれは最初だけ!頑張ってみてください!