自動車学校の応急救護って何するの?恥ずかしい? 応急救護教習の流れを詳しく説明します!

こんにちは,あいすです

仮免とれた方おめでとうございます!

でも,残念ながら応急救護が待っています…

教習所を卒業するためには避けられません.

応急救護と聞くと,

どんなことするのか不安…

恥ずかしそう…

という人が多いと思いますが,そんな気持ちを少しでも和らげるためにも,今回は応急救護の流れを詳しく説明します!

自動車学校によって教習の進め方ややることが違うかもしれません.
あくまで参考までにご覧ください

SPONSORED LINK

応急救護って何するの?

応急救護とは,「救急車が到着するまでの間.薬品も器具も使わずに実施できる救命方法」です.

本来は救急救命士のような医療関係者が行うものですが,自動車の運転には危険がつきものなので,自動車の運転者には応急救護の教習を受けることが義務付けられています.

といっても,自動車学校で行う教習はたったの2つ.「心臓マッサージ」と「人工呼吸」です.

応急救護の流れ

応急救護教習は,「座学」と「実践」の2つのパートに分かれています.

多くの場合は,座学が1時間,実践が2時間で,合計3時間.座学と実践の間に休憩を挟んで同じ日にやってしまうのが一般的です.

知識を身につける「座学」

応急救護では,まず座学で「応急救護って何?」から始まり,「負傷者はこうやって処置しよう」という具体的な手順に至るまで,ビデオと先生の説明を通して理解します.

教科書はいつもの学科の本ではなく、応急救護の本なので注意してください.その他に必要なものはありません.

実際にやってみる「実践」

座学で基本的な知識を身につけたあとは,実際に処置を体験します.

ぼくの教習所では,応急救護用の畳の部屋に移動して約10人程度のグループで教習を受けました.処置を行う対象は応急救護用の人形です.

処置は次の手順で行います(「」は大きな声で言うところです).

  • 人形を指さして「負傷者発見!」
  • 周りを指さして「周囲良し!」
  • 人形に駆け寄って「もしもし,大丈夫ですか?もしもし,大丈夫ですか?もしもし,大丈夫ですか?」(だんだん大きくする)
  • 意識がないことを確認して「意識なし」
  • 誰かを指さして「あなたは119番をお願いします」
  • 他の人を指さして「あなたはAEDをお願いします」
  • 人形の顔に近づいて呼吸の確認(あごを持ち上げます)
  • 呼吸がないことを確認して「呼吸なし」
  • 心臓マッサージ 30回
  • 人工呼吸 2回(人工呼吸用のマスクあり)

ここまでが1セットです.長く見えると思いますが,あっという間に終わります.

これを1人ずつ順番にやっていきます.最初はみんな照れ臭そうにしていますが,教習が終わるまでに手順を覚えて1人でできるようにならないと,先生が教習から解放してくれないので,みんな頑張ります笑

最初は誰だって初心者

先ほど「先生が教習から解放してくれない」なんて言ってしまいましたが,よっぽどじゃない限り大丈夫です!最初はみんなできませんし,教習中に3,4回はやるので覚えます.

覚えられる自信がなければ,今のうちに覚えてしまいましょう!

あと,ぼくの教習所ではあったのですが,教習の最後に「心臓マッサージ30回→人工呼吸2回」を連続で5セット続ける練習をしました.実際に応急救護する際は,これくらい続ける必要があるそうです.

連続で2分間動き続けるのでなかなかきつかったですが,本当に人を救助しているような感覚になりましたよ!

SPONSORED LINK

正直すごく恥ずかしい

f:id:sera1098:20180714231106j:plain

ここまで,応急救護の流れについて説明してきました.少しは不安が和らいだでしょうか?やっぱり恥ずかしいのかどうかが気になりますよね?

応急救護教習に対してどんなイメージをもってる?と聞くと,やっぱり「恥ずかしい」と答える人がほとんどです.この記事も「応急救護 恥ずかしい」と言うキーワードで来る人が多いですね.

正直に言います.

すごく恥ずかしかったです.

部屋に人形が1体しかなかったので,静かな空間で10人に見守られながら1人,処置をしました.

特に,「声を出すとき」と「人工呼吸をするとき」が恥ずかしかった… 人形に向かって話しかけるんですからね.

でも,ある程度自分でできるようにならないと合格できません.もうぼくは「腹をくくってがんばろう!」としか言えません.

もしかしたら免許取ってすぐ応急救護が必要な場面に遭遇するかもしれませんよ?そんなとき,できなかったらショックじゃないですか!

応急救護の他のメンバーを見ていて思いましたが,恥ずかしがってやるのと真剣にやるのとでは,恥ずかしがってやるほうがよっぽど恥ずかしいです.

誰よりもはっきりと,大きな声で真剣に取り組んでみてください!

正しい各処置と、処置の流れを覚えて教官からOKをもらわないと,もう一度教習を受け直すことになります

手を抜かず,真剣にやってることをアピールしましょう!

最後に

ここまで,応急救護教習の流れと感想をお話してきました.少しはお役に立てたでしょうか?

応急救護は,いつどこで必要になるかわかりません.後悔しないためにもがんばってください!

それではまた!